バリエーションが増えて身近になったお寿司

お寿司と聞くと豪華で特別な時に食べるものだってイメージがありますよね。

今はもうあまり見かけなくなりましたけど、運動会や遠足の時にお母さんが作ってくれた巻き寿司や稲荷寿司に思い出があると言う風に言われたりします。

お祭りの時のチラシ寿司なんかも特別な日の料理って言う感じです。地域によってはバラ寿司と言う言い方をするみたいですが、チラシ寿司とバラ寿司の違いはネタを上に置くかご飯と混ぜるだと言う説もあるみたいですね。

チラシ寿司は、雛祭りなんかで作られる家庭は多いみたいです。特に小さな子供さんがいて行事毎を大事にされる家庭では、無くてはならない料理になっているのかもしれません。

色取り取りの食材を使って、混ぜる・散らす・上に乗せるなど飾りの要素が大きくて、一人ずつカップに盛ったりケーキのような感じに仕上げたりと、見た目にも綺麗だというのが特別な日に作られる大きな原因かもしれませんね。

酢飯にお好みの具材で好きなようにアレンジできるのが工夫し甲斐があるのかもしれません。最近は、具だけではなくて、ご飯に混ぜるお酢、酸味も本当に色々あるようです。

レモンとハチミツであっさり洋風にしたりすることもありますし、カボスやスダチなどを使うと後味がすっきりとした酢飯ができあがります。

どちらにしても、お寿司は昔に比べて格段に身近になったと言えると思います。”